【完全解説】初心者向けソロキャンプツーリングのはじめ方【必要な道具と選び方】

2021/07/27
2021/11/13
【完全解説】初心者向けソロキャンプツーリングのはじめ方【必要な道具と選び方】

ソロキャンプツーリングに必要な道具選びからキャンプ当日、撤収までを徹底解説します。

フリーランスでウェブ屋さんをしながら原付でトコトコ旅暮らしをしています。仕事のこと、旅のことをブログ・SNSで発信します。

1.ソロキャンプツーリングに必要な道具を揃える

キャンプ道具には安価なものから高価なものまでありますが、5万円以内と見ておきましょう。

初期費用はかかりますが、ツーリング先で毎回1泊5,000円の宿に泊まることを考えれば、キャンプ場であれば1,000円〜宿泊することができる上に、場所によっては無料という点で経済的にも魅力的です。時間にとらわれず自由に行動できるところも魅力ですね。

ソロキャンプツーリングの道具選びには押さえておきたいポイントがあります。

ソロキャンプツーリング道具選びのポイント
  • 軽いこと
  • コンパクトになること

バイク関係

まずはキャンプ道具を積めるようにバイクのカスタムから。リアボックスやサイドバッグを検討してみましょう。

また、移動中の雨に備えておくことも大切です。

雨に備えるアイテム一覧

テント

ソロキャンプツーリングのためのテント選びのポイントをご紹介します。

テント選びのポイント
  • 重量の目安は2〜5kg
  • 収納サイズの目安は60cm以内
  • 設営が簡単

道路交通法での車両の積載制限は荷台から左右15cmずつなので、荷台30cm +左右15cmで、大体60cmの収納サイズを目安にしています。

寝袋

ソロキャンプツーリングのための寝袋選びのポイントをご紹介します。

寝袋選びのポイント
  • 収納サイズがコンパクトなマミー型
  • 暖かさ、軽さ、コンパクト収納優先→ダウン、価格優先→化学繊維

持ち物チェックリスト

先に紹介したもの以外にも、あると便利な道具を含めて、持ち物チェックリストを作成しました。ご自身のスタイルに照らし合わせて必要なものを準備しましょう。

住環境を整える道具
  • テント
  • 寝袋
  • マット
  • イス
  • テーブル
  • ランタン・ヘッドライト
  • ピクニックシート(設営時の一時置き場用)
調理道具
  • 保冷バッグ
  • バーナー
  • クッカー
  • 調理用トング
  • ナイフ
  • マグカップ
焚き火道具
  • 焚き火台
  • 薪用トング
  • グローブ(軍手)
  • チャッカマン
  • 着火剤
  • 薪(キャンプ場で購入)
消耗品
  • 鉄板用たわし
  • 食器用スポンジ
  • 洗剤
  • ペーパータオル
  • ウエットティッシュ
食料
  • 無洗米
  • 油(鉄板の手入れ用に少々)
  • クレイジーソルト(なんでも美味しくなる万能調味料)
  • 粗挽き胡椒
  • インスタントスープ
  • ドリップコーヒー
衣類・生活用品
  • 着替え
  • タオル
  • 洗面用品
  • 日焼け止め
  • 保湿クリーム(焚き火乾燥対策で必須)
  • 虫対策
  • サンダル
携帯品・貴重品
  • 財布
  • 携帯電話
  • モバイルバッテリー

 

私がソロキャンプに常備しているものをリスト化してみました!ご参考までに。

2.キャンプツーリングの計画を立てる

キャンプ場選び

景色の良い場所でソロキャンを楽しみたい!というのはもちろんですが、初心者の方はまずキャンプ場のホームページをしっかりチェックし、次のことをポイントにキャンプ場を選んでみましょう。

はじめてのキャンプ場選びのポイント
  • 予約可能なキャンプ場であること
  • テント脇にバイクを駐車できるオートキャンプ場であること
  • 日が暮れる前に無理なく到着できる距離にあること
  • 常駐スタッフのいる管理棟があること
  • トイレ・シャワー・炊事場などの設備が充実していること
  • キャンプ場周辺に食材の買い出しをできるスーパーを見つけておく

女性のソロキャンプの場合は特に、常駐スタッフのいる管理棟があることは必ず押さえておきましょう!

ルート選択

ルート選びはナビアプリを活用しましょう。

ツーリングで使えるナビアプリ
  • Google マップ
  • Yahoo!カーナビ
  • ツーリングサポーター【有料】

私がそれぞれ実際に使ってみて、おすすめしたいのが『ツーリングサポーター』です。バイク専用ナビというだけあって、他のアプリにはない機能が豊富です。

バイク専用ナビ『ツーリングナビ』のおすすめポイント
  • 音声案内が充実しているので安全に走行できる
  • 案内画面が見やすい
  • 二輪専用駐車場が検索できる
  • 排気量別のルート検索ができる
  • 景観を優先したルート検索ができる

私の場合は125cc未満なので誤って自動車専用道路に侵入するのを防ぐためにツーリングサポーターを使い始めました。

3.キャンプツーリング前日までに

バイク点検

出発までにバイクの点検も行っておきましょう。

バイクの点検10項目
  • ブレーキ・ペダルの効き具合
  • ブレーキ液の量
  • エンジンオイルの量
  • 点灯装置および方向指示器
  • タイヤの空気圧・状態
  • 冷却水の量
  • エンジンのかかり具合・バッテリー液の量
  • 減速・加速の状態
  • 運行において異常が認められた箇所
  • チェーンの緩み

参照元

積載

キャンプ道具をバイクに積むのは、前日に行っておくのがおすすめ。いざ積んでみるとバイクに乗せきれない、固定具が足りないという場合もあります。

【バイクで多拠点生活】ミニマリストの全持ち物リスト【ノマドワーク】クロスカブ

最初の頃は積載に1時間以上かかってしまい、出発が遅れることも多々ありました。。

4.キャンプツーリング当日

いよいよキャンプツーリングへ出発!道中では休憩を挟みつつ、荷崩れを起こしていないかも合わせて確認しておきましょう。

【完全解説】初心者向けソロキャンプツーリングのはじめ方【必要な道具と選び方】クロスカブ

買い出し

キャンプ場に着くまでに食材の買い出しを忘れずに。キャンプ場周辺のスーパーはキャンプ用の食材が豊富だったり、地元ならではの食材が手に入ったりするのでキャンプ場周辺で買い出しをするのがおすすめです。

いろいろ食べたくて買いすぎてしまうのが私のソロキャンあるある。

チェックイン

キャンプ場に着いたらまずは管理棟でチェックインの手続きをしましょう。支払いを済ませキャンプ場の利用案内を受けたら、早速設営へ。

【完全解説】初心者向けソロキャンプツーリングのはじめ方【必要な道具と選び方】クロスカブ

設営

区画サイトであれば指定の区画に、フリーサイトであれば次のことをポイントに設営場所を決めましょう。

【完全解説】初心者向けソロキャンプツーリングのはじめ方【必要な道具と選び方】クロスカブ
フリーサイトの設営場所チェックポイント
  • 水場が近いか
  • トイレが近いか
  • 地面が平らかどうか
  • 川辺に近すぎないか
  • 天候が気になる場合は水はけがよいか
  • 強風の際はテントの出入り口が風下に来るように

設営にはピクニックシートが1枚あれば荷物の一時置き場にできるので便利です。

キャンプ飯

調理は完全に暗くなる前に始めると準備に手間取らないのでおすすめです。「外で食べればなんでもおいしい」というのはソロキャンでも同じ。簡単なものから徐々にレベルアップしていきましょう!

【完全解説】初心者向けソロキャンプツーリングのはじめ方【必要な道具と選び方】クロスカブ
簡単おすすめのキャンプ飯
  • BBQ
  • レトルトカレー
  • カップ麺

鉄板で焼くちょっと良いウインナーが一番簡単で最強のキャンプ飯!

たき火

焚き火は必要な道具を揃えてから、キャンプ場のルールをしっかり確認して行いましょう。薪を購入できるか、灰捨て場があるか確認しておきましょう。

【完全解説】初心者向けソロキャンプツーリングのはじめ方【必要な道具と選び方】クロスカブ
焚き火に必要な道具
  • 焚き火台
  • 薪用の長いトング
  • グローブ(軍手)
  • チャッカマン
  • 着火剤

着火には少しコツがいるので初心者は着火剤を活用しましょう。薪は荷物になるのでキャンプ場で購入するのがおすすめ。
安全な焚き火のポイント
  • 強風時の焚き火は危険
  • 緊急消火用の水の入ったペットボトルを準備する
  • 火の粉が飛ぶため焚き火に近づきすぎない
  • 火が消えるまで焚き火から目を離さない

就寝前のテント周りの点検

盗難防止のため、キャンプギアはテント内に仕舞うか前室に入れておくなどして、外に置きっぱなしにすることは避けましょう。

前室が広いテントだと、前室に荷物を入れておけるので便利ですね。

5.キャンプツーリング撤収日

テント周りの点検

朝起きたらまずバイクやテントについた結露を落としておくのがおすすめ。出発までの時間で乾かしておきましょう。

【完全解説】初心者向けソロキャンプツーリングのはじめ方【必要な道具と選び方】クロスカブ

朝食

撤収日の朝は、火を起こさずガスコンロやバーナーだけで簡単に作れるものがおすすめ。

撤収日の朝におすすめのお手軽朝食
  • ホットサンド
  • インスタントスープ

私がよくやるズボラ朝食はコンビニのパンを軽くバーナーで炙るだけ笑 これだけで全く違う美味しさに!

撤収

撤収のポイントは『来た時と同じ状態になっているか』ということです。炭が残っていないか、動かした石も元の場所に戻しておきます。

撤収の手順
  1. 洗い物を済ませて乾燥させておく
  2. テント内の荷物を片付けてバイクに積む
  3. テントを乾燥させる
  4. 〜コーヒータイム〜
  5. テントを畳む

 

イスとコーヒーセットだけ出しておいて、チェックアウトの時間まではのんびりコーヒータイムで時間をつぶしています。
【完全解説】初心者向けソロキャンプツーリングのはじめ方【必要な道具と選び方】クロスカブ

6.キャンプツーリング帰宅後

キャンプツーリングから帰ったらその日に道具の手入れも行います。大切なキャンプ道具をカビやサビから守りましょう!

テントと寝袋を乾燥させる

朝キャンプ場で乾かしただけでは不十分な場合、帰宅後にもしっかり乾燥させてましょう。湿ったまま放置してしまうと、カビの原因になります。

調理道具を洗う

キャンプ場で洗いきれなかった道具を自宅で洗います。鉄板は通常の食器用洗剤はNGです。水洗い後は空焼きをして水分を飛ばし、油を薄く塗って保管しましょう。

補充・充電

忘れないうちに電池・バッテリーの充電、使い切った消耗品の補充もしておきましょう。

まとめ

今回はソロキャンプツーリングのはじめ方をご紹介しました。ソロでのキャンプツーリングはファミリーキャンプやマスツーリングとは違った魅力があります。時間にも人にも気を遣うことなく、自然の中で自由な時間を満喫しましょう。